ナメられて不快な思いをしている人は意外と多いものです。

何度も続くと嫌気が刺してきますし、ストレスがたまります。

今回はテラスハウスに学ぶ、ナメられない方法をご紹介したいと思います。

 

sponsored link

ナメられる人の特徴

舐められやすい人の特徴をまずご紹介します。

 

  • いつも優しい
  • 滅多に怒らない
  • 自分の意見を言わない
  • 自己主張が弱い
  • 声が小さい
  • 大人しい

 

 

これらの特徴は人を傷つけるものではないので、社会的には”善”な人なのですが、こういう人をナメてくる人達がいます。

ナメてくる人が圧倒的に悪いのですが、世の中良い人ばかりではないので、自衛のために対策を取る必要があります。

 

 

そのために、自分を変えよう、とする人もいるでしょう。

それも一つの方法かと思いますが、

自分を根本的から変えずに、人からナメられない方法があります。

それはテラスハウスの中から学ぶことができます。

 

sponsored link

テラスハウスのガイに学ぶ

テラスハウスのハワイバージョン、「テラスハウス ALOHA STATE」に出演していたサーファーの佐藤ガイ。

彼は穏やかな人柄で、喋り方もゆっくりな人でした。

くまのプーさんのようなゆっくりした喋り方なので、スタジオメンバーの徳井さん、youさんなどにも、喋り方を真似されていじられていました。

 

 

このように、一見するとナメられやすいタイプなのですが、一緒に住んでいるメンバーからはそんな扱いは受けていませんでした。

 

それは以下の特徴があるからだと考えられます。

 

 

  • 世界を舞台に戦うプロサーファー
  • 恋愛経験がある
  • 言う時はズバッと言う

 

 

一つ一つ解説していきます。

 

世界を舞台に戦うプロサーファー

子供の頃からサーフィンに親しみ、世界各国の大会に参加しているガイ。

まだ18歳くらいなのに、頑張っている姿は尊敬に値します。

 

入居当初、他のメンバーも感心していました。

 

若いのにこんなに一つのことに打ち込んで、結果を出しているという事実と、ちゃんと自分の軸がある。

これがあると喋り方がゆるくてもナメられないのです。

 

恋愛経験がある

テラスハウスは(必ずではないですが)恋愛をしてそのドラマを見せる場所です。

なので、入居メンバーの恋愛経験は注目されるし、大事な要素とみなされます。

 

ガイは長年付き合っていた彼女がいた、ということを話しています。

そこで一つ、恋愛経験がある、という強みが生まれます。

あとは一通りの恋愛経験があるということで、人並みのコミュニケーション能力がある、と異性からも評価されます。

こんなことはいちいち言いませんが、皆心の中で思っていると思います。

 

言う時はズバッという

普段穏やかで、平和主義で、自分の意見を言わないと、不埒な奴にナメられることがあります。

が、普段はそうでも、言うべき時、我慢できない時に自分の意見をしっかりと主張できればナメられません。

 

ハワイ編では、大志という俳優志望の熱い男が、同じく俳優志望のユウヤに説教するシーンがありました。

大志は29歳、ユウヤは18歳。

 

「ガイはあんなに若くても頑張ってるのに、恥ずかしいと思わないの?!」と、ユウヤに怒りをぶつけていました。

…自分だって俳優として売れてないのに。

 

 

確かにユウヤは「起きれなったから」という理由で語学学校に全然行かなかったり、ルーズなところが目立つ人ではありましたが、大志は自分の意見を押し付けすぎる人でした。

 

その話を聞いたガイは、

「ねぇ、俺の名前出さないでよ!!!」

 

と珍しく声を荒げて大志に怒っていました。

 

 

大志もガイがここで怒ると思わなかったのか、タジタジになっていました。

 

言うべき時に言う、自分が不快と思ったら言う、

「この人はこういうところで怒るんだ」と失礼な人にわからせることが、ナメられないために大事なことなんですね。

 

sponsored link

まとめ

普段穏やかにしていても、ポイントを押さえればナメられることを避けられます。

 

  • 何か一つでも打ち込めるものを持っている
  • 一通りの恋愛経験がある
  • 不快に感じた時ははっきりと主張する

 

 

別に世界一、日本一になる、などの結果を出す必要はありません。

仕事を頑張っている、一つの分野にとても詳しいなど、打ち込めることがあればいいんです。

それが自分の自信になっていきます。それは口に出していわなくても、雰囲気からにじみ出ていきます。

 

 

恋愛経験については、恋愛がすべてではないですが、

恋愛をして人と密なコミュニケーションを取ることで、コミュニケーション能力は磨かれていくのは確かです。

 

 

「不快な時に怒る」「いうべき時に主張する」というのが重要です。

世の中察してくれる人ばかりではなく、勝手に自分の基準で人を測って、価値観を押し付けてくる人もいます。

そういう人に対して、私は違うんだよ、と主張するのは大事なことなのです。

 

 

テラスハウスに学ぶ、ナメられない方法。

参考にしていただければ幸いです。