テラスハウスの東京編に出演している翔平。

飄々とした態度で、コミュニケーション上手と見られているが、それも納得。

ルームシェア経験が豊富であることがわかった。

 

sponsored link

テラスハウスの翔平(東京)がルームシェア経験豊富だった件について

それは翔平の雑誌連載でわかったことだ。

POPEYE 8月号の「シティボーイの憂鬱」では、これまでのルームシェア経験について書かれていた。

 

 

引用:https://www.instagram.com/p/B0SARvHhE4T/

 

※イラストは蛭子さんこと、蛭子能収先生。

 

翔平のルームシェア経験の歴史が以下↓。

 

 

大学生で一人暮らしに憧れるが都心は家賃が高い

実家から往復3時間かけて通学

 

 

彼女ができて同棲(ルームシェアデビュー)

 

 

別れて、一人で暮らしていたところにけん玉ブラジル代表のシャビエルが転がり込んでくる

 

 

その生活に疲れた頃、クラブで出会った女の子の家に転がり込む(上の家賃も払っていたそうだ)

 

 

台湾へ。友達2人と3LDKでルームシェア

 

 

テラスハウス

 

 

これまで何度もルームシェアしてきているのだ。

人と暮らすことに慣れている。

翔平が人との距離を取るのがうまいのはこの経験ゆえなのだろう。

 

 

時々ワードチョイスを間違えて、相手の感情を逆なでしているようにも見えるが(汗)

 

「そういう人は死んでいく」

「日本は平和だな~」

など。

 

 

この記事を読んでなんか納得した。